中国人旅行者の海外旅行消費 2019年上半期の支出額は14兆円!

中国人旅行者の海外旅行消費2019、上半期の総支出額は14兆円、「地方出発」「ひとり旅」「タビマエ予約」が増加

(トラベルボイス 2019年12月16日)
https://www.travelvoice.jp/20191216-142703
 
2019年上半期の中国人海外旅行者の旅行支出額は1275億米ドル(約14兆円)だった。
銀聯の決済サービス「クイックパス」は、中国本土以外の340万の加盟店で利用でき、銀聯のQRコード決済が利用できる対応地点の数は45万ヶ所だそうだ。
旅行先は、欧州、米国、オーストラリアが人気上位で、「一帯一路構想」参加国への訪問が大幅に増加しているという。
「5つ星」ホテルへの宿泊が拡大し、食事・飲物への支出が60%増加。エンターテインメントはオンライン予約が大幅増加という。
【ポイント】
中国決済サービス大手「銀聯国際(UnionPay International)」とオンライン旅行サービス「Trip.com(旧Ctrip)」の、共同調査報告書「2019年度 中国人アウトバウンド旅行消費レポート」によると、2019年上半期の中国人アウトバウンド旅行者の旅行支出額は1275億米ドル(約14兆円)だった。
内訳は男性よりも女性のほうが10%多く、一人当たりの平均支出額は男性旅行者の方が高い。

地域別では、北京、上海、広州などの大都会だけでなく、地方からの海外旅行者も増加しているのが特徴。
年齢別では、80年代以降生まれや60才以上が最も支出額の多い階層を構成し、2000年代以降に生まれた人たちは「ひとり旅」のトレンドを追う傾向があった。
富裕層旅行者グループは、利便性と安全性の高い決済サービスを求める傾向が強く、若い世代はモバイル決済サービスを必要不可欠と考えているのに対し、シニア世代は「情報」を重視するといった傾向も判明した。

旅行先は、欧州、米国、オーストラリアが人気上位であることは変わらないが、今回初めて、ベラルーシ、ミャンマー、グルジア、ネパールなど、中国が掲げる経済圏「一帯一路構想」に参加する国への訪問者が大幅に増加した。
また、中国人旅行者がホスピタリティ、食事、タビマエ予約を重要視していることも指摘する。
「5つ星」ホテルへの宿泊が拡大しているほか、南太平洋や中東などでは、食事・飲物への支出が約60%増加。さらに、エンターテインメントやアトラクションは、オンライン予約が大幅に拡大したという。

こうした状況を受けて銀聯は、パートナーのシートリップと提携し、さまざまな特典や追加キャッシュバックのリワード提供を開始する予定だ。

なお、銀聯の非接触決済ソリューションQuickPass(クイックパス)は、中国本土以外の340万の加盟店で利用でき、2019年にはメキシコやチェコ共和国など5つの新たな旅行先の国が追加された。
銀聯のQRコード決済が利用できる対応地点の数は45万ヶ所と、2019年上半期と比較して50%増加している。また32市場の銀聯カード保有者は現在、世界52の国と地域でタップ&ゴーまたはスキャン&ゴーの決済手段を利用できる。