アジア7カ国、東京五輪への興味60%超、訪日してパブリックビューイング観戦20~30%!

2020年東京五輪への興味と認知度はどれくらい?アジア7カ国でFAN! JAPANが調査

(やまとごころ 2020年1月9日)
アジア7カ国で「東京五輪への興味と認知度調査」によると「興味がある」が、どの国も60%超えで、開会会場で観戦するこそ少ないが、「日本に行ってパブリックビューイングなどでライブ観戦する」が、20~30%だったのは興味深い。
「2019年に比べ、2020年の日本への旅行は増えますか?」には「ほぼ変わらない」が大半を占めた。
【ポイント】
台湾・香港・タイ・マレーシア・インドネシア・ベトナム・インドのアジア7カ国での、今年の東京五輪への興味と認知度など調査によると、「非常に興味がある」「まあまあ興味がある」を合わせ、どの国も60%超という結果になった。
意外だったのは、「クリケットしか興味がない」と言われるインドが80%超えだったことだ。
観戦方法は「自国でテレビ観戦」がやはり圧倒的だが、各国の20~30%が「日本に行ってパブリックビューイングなどでライブ観戦するつもり」と答えている。観戦チケットがなくても現地で自国の選手を応援するなどして盛り上がりたいという意思が見られ、訪日客数が増加しそうだ。
2019年に訪日した人限定の質問で「2019年に比べ、2020年の日本への旅行は増えますか?」という問いには「ほぼ変わらない」という答えが各国共通で大半を占めた。
しかし、訪日で東京を訪れる場合に「オリンピックの時期は避けますか、ぶつけますか?」という問いに、訪日リピーターの多い台湾と香港では「時期はそのままで、行先を日本の他の地域に変える」が一番多く、タイ、マレーシア、ベトナム、インドは「行先はそのまま、旅行時期をずらす」となった。
また「行先も時期も変えない」はインドネシアでの割合が一番多かった。
このような結果から、訪日回数は例年と変わらなくても、時期のずれや行き先の変更はあり得るとしている。
パブリックビューイングを地方で開催し「おもてなし」するのも集客効果があるのでは、としている。
日本好きコミュニティサイトを展開するFUN! JAPANの「東京五輪への興味と認知度などの調査」